B型肝炎と給付金

皆さんはB型肝炎という病気についてご存知でしょうか。昨今、テレビなどのメディアでも取り上げられることがあったため、きいたことがあるという方も多いでしょう。あるいは、中には自分が当事者だという方もいらっしゃるのではないでしょうか。まずは、このB型肝炎というのがどのような病気であるのかについて簡単に紹介します。

集団予防接種B型肝炎というのは、肝炎の中でもウィルスによって発生する感染症です。国内にはこの持続感染者が110万から140万人程いるというように考えられています。このように多くの患者がいるこの肝炎が大きく取り沙汰されることになっている理由であるのが「集団予防接種による感染」が過去に起こっていることが理由となっています。具体的には昭和23年から昭和63年までの間に集団予防接種を受けている場合、注射器が媒介となってウィルスに感染してしまっている可能性があります。こういった経路から感染していると考えられる患者は、前述の人数のうち40万人前後であると考えられています。

63年以降になると注射器の交換が徹底されるようになったために集団感染の可能性はなくなっていると考えられています。それでは、このB型肝炎がなぜ話題になっているのかというと、集団予防接種による感染を起こしている人に対して、給付金が支給される仕組みが用意されることになったためです。それでは、B型肝炎の集団予防接種と給付金についてより詳しく紹介します。

Pocket